キャッシングBP

相性の良いキャッシングを選ぶ

 

キャッシングは様々な会社で展開されているサービスで、私たちはそれらの中からすきなもの選択することができます。数多くあればそれだけ多くの違いがあり、私たちは自分に合ったキャッシングを選ばなければなりません。「相性なんて関係ない」と適当に選んでももちろんキャッシングを利用することはできます。ですが、長く使っていくにつれて徐々にそのほころびは出てくるものです。別の業者にすればよかった・・・と後悔する前に、できれば最初のうちに正しい選択をしておきたいですよね。

 

キャッシングは一度だけ使うつもりだったとしても、意外と長く付き合っていくことになることもあります。もしそうなれば相性がとても大事だということはわかりますよね。

 

業者を選ぶとき、まず最初に迷うのは、銀行にしようか、それとも消費者金融にしようか、という点だと思います。ところが銀行のキャッシングというのは審査が厳しいという話がよくされています。果たしてどうなのでしょうか。

 

銀行のキャッシングローンは、本当に審査が厳しいの?

銀行のキャッシングは審査が厳しいので「銀行系の消費者金融カードローンがおすすめです」という声(や言葉)を多く耳にします。しかし、信販会社や銀行系の審査は全てが「ものすごく厳しい」という訳ではありません。年々、銀行のキャッシング審査は、誰にでも借りやすいものへと変わりつつあるのです。

 

大手銀行のキャッシングローンでも、消費者金融並に審査が優しいと評判のものが一部あります。また、信販会社でも審査の優しいキャッシング商品があるので見逃せません。審査に自信が無くても、初めから「消費者金融一本」に絞るのは勿体ないかもしれません。

 

出来る事なら、銀行や信販会社にチャレンジしてから、消費者金融カードローンの利用を検討してみましょう。どうしても借りられない、審査に受からないという時は仕方がありませんが、消費者金融カードローンでも、銀行並にサービスの良いものが増えてきているのでおすすめです。

 

まとめると、銀行と消費者金融のキャッシングはお互いに似てきていると言うことができます。もちろん根本を辿れば様々な違いが出てきますが、表面的には徐々に変化がなくなってきているのは事実です。昔ほどは銀行と消費者金融を分けて考えなくても良いのかもしれません。

 

勘違いしてはいけないのが、審査の厳しさの違いは銀行、消費者金融、というように業務形態だけで判断できないという点です。銀行だから厳しい、消費者金融だから厳しくないというだけのシンプルなものではありません。そこから更に、銀行Aは厳しい、銀行Bは厳しくない、更に銀行Aの商品Aは審査に通る、商品Bは通らない、という風に一概には言えないのです。

 

なので序盤から銀行だからと諦めるのではなく、審査の口コミをチェックしたり、業者のことをある程度調べてから申し込みをしてみましょう。銀行も選択肢に入れておけば、キャッシングの可能性は更に広がります。